外観

ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯の表面に付着した色素等を落とすだけでなく、歯自体を薬剤(主に過酸化水素)の力で漂白していく方法です。
生まれつきの歯の黄ばみ、加齢や食物・嗜好品(特にコーヒーやタバコ)による変色、抗生物質の副作用で生じた変色など、歯質内部の色素を分解し、歯の表面に付着した頑固な汚れも漂白します。
歯が白く輝くようになると清潔感と若々しさが増し、さらには表情や顔色も明るい印象に変わって、見た目の印象を格段にアップさせます。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニング

ホワイトニングには、「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の二つの方法があります。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、専用の薬剤(ホワイトニングジェル)と、患者様の歯列に合わせた専用マウスピースを使い、患者様ご自身が「自宅で」漂白を行う方法です。

ホームホワイトニングの流れ

STEP1 お口の検査

お口を拝見し、歯や歯茎の状態がホワイトニングに適しているかどうかを確認します。

三角矢印

STEP2 歯の表面のクリーニング

歯の表面の汚れを取って、きれいにします。

三角矢印

STEP3 マウスピースのご作製

患者様の歯型に合わせて、マウスピースをご作製いたします。

三角矢印

STEP4 ご自宅でホワイトニング

マウスピースにホワイトニング剤を入れ、ご指定の時間、お口に装着していただきます(マウスピースの装着頻度やホワイトニングを行う期間については、患者様に合わせて個別にご案内いたします)。

三角矢印

STEP5 定期検診

ホワイトニングをしても、少しずつ元の色に戻っていきます。元の色に戻るまでの期間を短くするためにも、定期的なチェックを受けましょう。

ホームホワイトニングのメリット・デメリット

メリット

通院回数が少なくて済み、特別な機械を必要としない手軽さもあって、忙しい方にも、気軽に行えます。また回数の調整により、ご希望の色調に合わせたホワイトニングが可能で、しかもオフィス以上に透明感のある漂白が可能です。オフィスホワイトニングよりも持続性が高く、長期にわたって自然な白さが保てます。

デメリット

ホワイトニング中は飲食物の制限をしなければならなかったり(コーヒー、赤ワイン、カレーなど)、比較的長時間の漂白が必要になったりします。薬剤による違和感が生じたり、薬剤を誤嚥したりする可能性も生じてきます。また、患者様ご自身が自宅で漂白を行いますので、その煩わしさが伴います。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、「歯科医院で」漂白を行う方法です。

オフィスホワイトニングの流れ

STEP1 お口の検査

お口を拝見し、歯や歯茎の状態がホワイトニングに適しているかどうかを確認します。

三角矢印

STEP2 歯の表面をクリーニング

歯の表面の汚れを取って、きれいにします。

三角矢印

STEP3 ホワイトニング剤を塗布

歯にホワイトニング剤を塗ります。

三角矢印

STEP4 光照射

ホワイトニングを促進する特殊な光線を歯に照射します。

三角矢印

STEP5 洗浄とつや出し

ホワイトニング剤を洗い流し、歯を磨き上げて「つや」を出します。

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

メリット

薬剤や光照射を用いるため、治療回数・期間が短く、患者様ご自身が毎日自宅で漂白を行う煩わしさがありません。また、歯科医や歯科衛生士による的確な処置が可能なうえ、医師らとのコミュニケーションを図りながら行える安心感もあります。

デメリット

短期間のうちに色が後戻りしやすい点が挙げられます。

ホワイトニングを行う前に

体のコンディションや歯の状態によってはホワイトニングが適さないケースもありますので、ホワイトニングの前に歯科医によるカウンセリング、および口腔内検査が必要になります。
初診の場合には、ホワイトニングの前に歯のクリーニングや治療が必要となることがありますので、予めご了承ください。