外観

診療案内

診療案内

歯周病治療

歯周病は、歯肉炎と歯周炎の総称で、歯と歯茎の間に細菌が繁殖することによって起こる炎症性疾患です。
歯周病になると、いくら治療をしても歯周組織は完全には回復しません。そのため、できるだけ早いうちに処置を施し、進行を遅らせて歯を長持ちさせることが大事なのです。

≫詳しくはこちら

矯正歯科

矯正歯科治療とは、一般的に悪い歯並びをご自身の歯を使って治療することです。
「よく噛むこと」「よく噛める正しい噛み合わせをもつこと」は、将来の健康づくりにとってとても大切です。
歯がデコボコしていたり、上下の歯がきちんと噛み合わないと、将来的に下記のような問題が出てきます。

≫詳しくはこちら

予防歯科

虫歯などになってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にすることです。
歯とお口の健康を守るため、歯科医院などでの「プロケア(プロフェッショナルケア)」と、歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア」の両方で、「予防歯科」を実践しましょう。そのためにも、歯科医院での定期的な歯科検診をお勧めします。

≫詳しくはこちら

入れ歯治療

入れ歯治療には、「力学」と「生体学」が関係しています。総入れ歯や部分入れ歯の治療は、主に中高年齢者の患者様が対象となり、治療部位も広範囲に及ぶ場合が少なくありません。
当院では、患者様の年齢・病態・ライフスタイルなどに合わせて、最適な入れ歯(総入れ歯・部分入れ歯)をご提案いたします。

≫詳しくはこちら

虫歯治療

当院では「歯が痛い」「歯がしみる」など、虫歯の進行状態に合わせて最適な治療を行います。
虫歯は早期発見がなにより重要で、初期症状だと、適切なブラッシングとフッ素塗布による歯質の強化だけで治ることがあります。
早めに治療するに越したことはありません。

≫詳しくはこちら

根幹治療

リーマーやファイルと呼ばれる器具を用いて細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気(根尖病変)を治療・予防することを根幹治療と言います。
虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。

≫詳しくはこちら

審美歯科

審美歯科とは、「銀色の詰め物を白くしたい」「歯を希望通りの形にしたい」「歯茎を健康的な色にしたい」などといったお口の美的な問題に焦点を当てて問題を解決し、美しい口元をもたらす歯科治療です。
虫歯や歯周病の治療を終わらせた上で、口元の問題点を解消して機能的で美しい口元を実現し、さらにはQOL(生活の質)の向上に結び付けます。

≫詳しくはこちら

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯の表面に付着した色素等を落とすだけでなく、歯自体を薬剤(主に過酸化水素)の力で漂白していく方法です。
生まれつきの歯の黄ばみ、加齢や食物・嗜好品(特にコーヒーやタバコ)による変色、抗生物質の副作用で生じた変色など、歯質内部の色素を分解し、歯の表面に付着した頑固な汚れも漂白します。
歯が白く輝くようになると清潔感と若々しさが増し、さらには表情や顔色も明るい印象に変わって、見た目の印象を格段にアップさせます。

≫詳しくはこちら

インプラント

インプラント(人工歯根)とは、歯が抜けてしまったところの骨にフィクスチャー(ネジ)を埋め込み、そのネジを土台にしてアバットメント(人工歯とインプラントを連結させる支台)と人工の歯を装着する治療法です。

≫詳しくはこちら

小児歯科

子供の歯の虫歯などの予防や治療、保健指導をする歯科で、歯周病や歯並び、噛み合わせの予防、治療も行います。
0歳〜12歳くらいまでのお子様を診療対象としています。

≫詳しくはこちら

口腔外科

口腔外科とは、口の中(口腔)や顎(あご)、顔面などの疾患を扱う診療科です。
この領域には、歯が原因となって生じる疾患、交通事故やスポーツなどによる外傷、また悪性腫瘍など、様々な疾患が発生します。しかも、この領域に異常が生じると、食事や発音・会話がうまくできなくなるなどの機能的な障害に留まらず、見た目の問題も現れてきます。

≫詳しくはこちら

マタニティ歯科

妊娠すると、心も身体もいつもと違う状態になります。そしてお口の中も変化し、虫歯や歯周病に罹りやすくなります。
このデリケートな状態にある妊婦さんの口腔ケアを行うのが「マタニティ歯科」です。

≫詳しくはこちら

食育支援

「食」は糖尿病や高血圧といった全身的な病気だけでなく、虫歯や歯周病など、お口の中の健康状態にも大きな影響を与えます。
当院では、小児期における食育を中心に、様々な世代の皆様につながる健康づくりのサポートができるよう、定期的に管理栄養士によるお話の場を設けております。
ご興味のある方は、受付までお申し出ください。

≫詳しくはこちら