外観

予防歯科

予防歯科

予防歯科とは

予防歯科

虫歯などになってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にすることです。
歯とお口の健康を守るため、歯科医院などでの「プロケア(プロフェッショナルケア)」と、歯科医や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア」の両方で、「予防歯科」を実践しましょう。そのためにも、歯科医院での定期的な歯科検診をお勧めします。

定期歯科検診の具体的な内容

  • 虫歯と歯周病のチェック
  • 口腔内の健康チェック
  • 歯並びや歯の入れ替わり状態のチェック(お子さんの場合)
  • 入れ歯やインプラント、およびその周囲の異常チェック
  • フッ素塗布(下表)
  • PMTC(下表)
  • ブラッシング指導(下表)

当院の主な予防歯科治療

フッ素塗布(プロケア)

フッ素塗布とは、歯科医院で歯の表面に高濃度のフッ素を塗布することです。フッ素には、エナメル質の結晶性を高めて歯の質を強化し、初期の虫歯を再石灰化(一度溶け出したイオンやミネラルが歯の表面に戻って修復されること)するなど、虫歯になりにくくする効果があります。

PMTC(プロケア)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、「歯科専門家が専用の機器を用いて行う徹底した口腔内清掃」のことです。歯と歯の間や、歯と歯茎の境目、歯周ポケットなど、普段の歯磨きでは届きづらい場所や、歯面に付着したバイオフィルム(微生物の集合体)、たばこのヤニ汚れなどを徹底的に掃除し、お口の中を隅々まできれいにします。虫歯や歯周病を予防し、お口の健康を維持するには、このPMTCが欠かせません。

ブラッシング(セルフケア)

予防歯科の基本は、なんと言っても毎日の歯磨きです。しかし、「磨いている」つもりでも、磨き方に問題があるなどして、実際には「磨けていない」方が少なくないものです。歯ブラシの選び方・握り方・動かし方、歯磨きをする上でのポイントなどについて、やさしく丁寧にご指導いたします。歯の磨き方に関する考え方は随分と変わってきており、昔と今とでは、推奨されている磨き方が、かなり異なってきています。ですので、過去にブラッシング指導を受けた経験のある方も、今の磨き方が適切かどうか、改めて指導をお受けになり、確認なさってみることをお勧めいたします。