外観

歯周病治療

歯周病治療

歯周病について

リンゴ

歯周病は、歯肉炎と歯周炎の総称で、歯と歯茎の間に細菌が繁殖することによって起こる炎症性疾患です。
歯周病になると、いくら治療をしても歯周組織は完全には回復しません。そのため、できるだけ早いうちに処置を施し、進行を遅らせて歯を長持ちさせることが大事なのです。

こんな症状は早めにご相談ください(例)

  • 朝起きた時などに口の中がネバネバする
  • 歯磨きをしたときに歯茎から血が出る
  • 歯と歯の間の「すき間」が広がってきた
  • 歯茎が腫れたり、膿が出たりする
  • 歯茎の色が赤や紫色に変化した
  • 歯茎が下がり、歯が長くなったように見える
  • 揺れている歯がある
  • 歯茎がむず痒い
  • 歯ぎしりをする
  • 口臭が気になる
  • 口内炎が生じやすい
  • 硬いものを噛むと痛む
  • 冷たいものを含むとしみる

歯周病の進行度別治療

歯と歯茎のすき間
1~3ミリ
歯肉炎の状態です。
歯茎に炎症が起き、腫れもみられます。ブラッシング指導と歯の表面の歯石除去を行います。
歯と歯茎のすき間
3~5ミリ
歯周炎「軽度」です。
歯茎の炎症が悪化し、歯周病菌が歯周組織に侵入しています。この頃から、歯槽骨や歯根膜の破壊も始まります。ブラッシング指導と歯の表面の歯石除去を行います。
歯と歯茎のすき間
4~7ミリ
歯周炎「中度」です。
炎症がさらに広がり、歯槽骨の破壊も半分近くまで進んでいます。この頃になると、歯がグラつき始めます。ブラッシング指導と歯の表面・歯茎の中の歯石除去を行います。
歯と歯茎のすき間
6ミリ以上
歯周炎「重度」です。
歯槽骨の破壊が半分以上に及び、歯もグラグラになります。ブラッシング指導と歯の表面・歯茎の中の歯石除去、および歯周外科治療を行います。

当院での歯周病治療

当院では、進行状態に応じて、ブラッシング指導・スケーリング・ルートプレーニング・歯周ポケット掻爬(そうは)術・フラップ手術などの治療を行います。

ブラッシング指導

日々の汚れを落とさなければ、歯科に定期的に通っていても、その意味がほとんど無くなってしまいます。正しい「ブラッシング指導」をお受けになり、それをぜひ励行していただきたいと思います。

スケーリング

スケーリングとは、歯石を除去することです。歯周ポケットの中に隠れている歯石を、スケーラー(歯石を除去するための専用器具)を使って取り除きます。歯石の中にはたくさんの細菌が棲んでおり、そのままにしておくと、細菌が歯周組織を破壊してしまいます。そのため歯周病の原因であるポケット内の歯石を取り除くことが、歯周病の予防と治療には欠かせないのです。

ルートプレーニング

ルートプレーニングとは、歯周ポケットの奥深い部分に入り込んだ歯石をスケーラーで除去し、細菌に感染した歯質をきれいに取り去る治療のことです。歯周ポケットが深いと、歯肉の下に歯石が付着してしまいます。また、歯根には細菌が出す“毒素”が根面に浸透していきます。そうした歯石や細菌を除去し、根面の汚染物質を取り除く処置がルートプレーニングです。ルートプレーニングは、ポケットの奥深くまでスケーラーを挿入するため、通常は局所麻酔をした上で行います。

歯周ポケット掻爬術

歯周外科治療の一つで、歯根の表層(セメント質)に付着した汚れや、感染した歯肉を取り除く治療のことです。局所麻酔をした上で行いますが、スケーリングやルートプレーニングと同様の器具を用います。

フラップ手術

フラップ手術とは、上記の治療では取り切れなかった、さらに深い部分の汚れや、歯垢・歯石を取り除く歯周外科治療で、ルートプレーニングや歯周ポケット掻爬術と異なるのは、歯肉に「切開」を加える点です。切開により、歯肉の深い部分を直接目で見ることが可能になり、歯根の表面まできれいにすることができます。

再生療法(エムドゲイン)

歯周組織再生療法の一種で、歯周病で溶けてしまった顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる手術です。エムドゲインゲルを歯根の表面に塗ることで、歯が生えてくるときと同じような環境をつくり歯周組織の再生を促します。