外観

小児歯科

小児歯科

小児歯科とは

小児歯科

子供の歯の虫歯などの予防や治療、保健指導をする歯科で、歯周病や歯並び、噛み合わせの予防、治療も行います。
0歳〜12歳くらいまでのお子様を診療対象としています。

年齢・成長などに合わせた治療を実施

乳歯は、永久歯に比べてとても軟らかく、そして小さい歯なので、虫歯に「罹りやすく」、しかもその「進行が速い」のが特徴です。こうした小児に特有の治療背景を踏まえ、当院では個々の年齢・成長などに合わせた治療を行っております。また、お子様の歯の発育に関する健康相談にも応じます。

乳歯の役割

乳歯は下記のように大切な役割を担っており、いずれ生え変わるのだからと言って、おろそかにはできません。永久歯に生え変わった際の歯並びや歯の噛み合わせを整え、健全な食生活を送れるようにするためには、乳歯の頃からのしっかりした治療が欠かせないのです。乳歯の虫歯も、やはり放置しないようにしましょう。

  • 食物を噛む(消化を助け、成長を促す)
  • 言葉の発音を助ける(正しい発音を身につける)
  • 顔や顎の形を整える
  • 永久歯が正しく生えるように導く(歯並びを整える)

小児の虫歯予防

小児の歯の特徴は、下記のように年齢によって虫歯のできやすい場所に違いがあることです。年齢に応じた虫歯になりやすい場所を知った上でケアすることは、小児の虫歯を予防するにあたっての大切なポイントです。

虫歯になりやすい場所

1~2歳にかけて
上の前歯
2~3歳
奥歯の噛み合わせの溝
4歳頃
一番奥とその手前の奥歯の接している部分
6歳前後
生えたばかりの奥歯(第一大臼歯または6歳臼歯と称する)の溝

フッ素塗布とシーラント

当院では虫歯予防のために「フッ素塗布」や「シーラント」などで歯質強化を図りながら、また個別にブラッシング指導(保護者による仕上げ磨きのポイントを含め)を行うことによって、お子様の大事な歯を守ります。

  • フッ素塗布
    • フッ素は、虫歯菌が出す「酸」に対抗する強い歯質をつくり、虫歯に対する抵抗力を高めます。乳歯や生え変わったばかりの永久歯には、特に効果的です。また、初期の虫歯を再石灰化(一度溶け出したイオンやミネラルが歯の表面に戻って修復されること)して修復を促し、虫歯の進行を防いでくれます。
  • シーラント
    • 幼いうちは奥歯の溝が深く、形状も複雑なため、歯ブラシの毛先が入りにくいものです。そのため、毎日歯磨きしていても、虫歯になってしまうことがあります。シーラントは、そんな奥歯の溝を薄いフッ素入りの樹脂で塞ぐ虫歯予防法です。

お子様の治療をスムーズに進めるために

ほとんどのお子様は歯医者さんに慣れておらず、歯科医院は「痛くて怖いところ」に思えてしまうでしょう。歯科医院に来ただけで泣き出してしまったり、逃げ出そうと暴れてしまったりもします。そんなお子様を無理矢理チェアユニットに座らせたり、押さえつけたりして治療を行えば、お子様にとって歯科医院は二度と行きたくない恐怖の場所になってしまうかも知れません。
当院の小児歯科治療は、お子様が抱いている治療への不安や恐怖心を和らげることから始めます。お子様に合った言葉や問いかけを心掛け、お子様が示す意思や行動を尊重し、けっして治療を無理やり行ったりはしません。「歯医者さんは怖い」というイメージを植え付けたくないからです。歯科治療に対する恐怖心を取り除き、お子様に「歯医者さんは味方だ」ということをしっかり認識してもらいます。

親御さんへのお願い

スムーズな治療を行うために、親御さんにも下記のようなご協力をお願いいたします。

  • 歯科恐怖症にさせないように、「歯医者さんは怖いところ・痛いところ」といった話をなさらないようにしてください。
  • 親御さんご自身に「歯医者での嫌な体験」があったとしても、お子様にはその体験を語らならないように留意してください。
  • もしも治療時にお子様が泣いてしまったとしても、治療後には「よく頑張ったね!」と、心から褒めてあげてください。