外観

マタニティ歯科

マタニティ歯科

妊婦さんと赤ちゃんを守る歯科治療

妊婦さん

妊娠すると、心も身体もいつもと違う状態になります。そしてお口の中も変化し、虫歯や歯周病に罹りやすくなります。
このデリケートな状態にある妊婦さんの口腔ケアを行うのが「マタニティ歯科」です。

「マイナス1歳」から始めたい虫歯予防

もともと虫歯菌(ミュータンス菌)は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、まったく存在していません。
虫歯菌は多くの場合、母親からうつることがわかっており、生後1歳半~2歳半の頃に感染します。したがって妊娠時から母親が虫歯の予防処置や治療をきちんと行い、お口の中を清潔に保つことは、お子様の虫歯予防にもつながるのです。
また、乳歯の形成は胎生期7週目から、永久歯は妊娠4~5ヶ月頃から始まります。
そのため、お子様の虫歯予防は妊娠期(マイナス1歳)から始めると、とても効果的と言えるのです。

妊婦さんは歯周病を招きやすい

妊婦さんのお口には、歯周病が比較的多く見受けられます。その原因としては、妊娠時の不規則な食生活、「つわり」による口内の酸性化、ホルモンバランスの変化による唾液の減少(清掃性の低下)、および妊娠中のホルモン変化が歯肉の抵抗力を失わせ、炎症を起こしやすくするためと考えられています。ですので、妊婦さんは普段以上にお口のケア(歯垢・歯石の除去など)が必要になると言えます。

歯周病と早産・低体重児の関係

歯周病をもつ妊婦さんは、早産や低体重児を出産する確率が高くなるという報告があります。ある疫学調査では、歯周病の妊婦さんは、そうでない妊婦さんに比べ、約5倍も早産になりやすかったという結果が出ています。海外のデータでも、歯周病が進んだ妊婦さんでは早産および低体重児出産の危険性が7倍にも高まるといった報告や、歯周病が進んだ妊婦さんほど早産の頻度が高かったとする報告などがあります。
しかし一方、歯周病治療を受けている妊婦さんは、その治療効果により、早産・低体重児出産の発現率が低下するというデータもあります。
つまり、たとえ歯周病があったとしても、適切な歯周病治療を行うことで、そうしたリスクを低くすることができるというわけです。

妊娠中の歯の治療時期

「安定期」(16週~)に治療することをお勧めしますが、その他の時期でも母体の状態や治療内容によっては可能です。
妊娠中の口腔内の歯科X線撮影は、必要最低限の範囲で行います。撮影の際は、鉛の入ったX線防護エプロンを着用することで、赤ちゃんの被曝はほぼゼロになり、安全なことが確認されています。
また、歯科治療で麻酔が必要になる場合がありますが、歯の局所麻酔は麻酔液の使用量がごく少量なため、胎児への影響は心配いりません。
治療に関しては、すっかり安心していただいてよろしいのですが、もしも心配なことや疑問点などが出てきましたら、遠慮無くご相談ください。