外観

インプラント

インプラント

インプラントとは

インプラント

インプラント(人工歯根)とは、歯が抜けてしまったところの骨にフィクスチャー(ネジ)を埋め込み、そのネジを土台にしてアバットメント(人工歯とインプラントを連結させる支台)と人工の歯を装着する治療法です。
インプラントなら、1本の歯が無くなったケースから、全ての歯が無くなったケースまで、適用が可能です。見た目も自然ですし、乳歯、永久歯に続く「第三の歯」とも呼ばれるように、自分の歯と同様にものが食べられることから、現在では最も審美的・機能的に優れた欠損歯の治療法と言われています。
当院では「歯科用3Dレントゲン(CT)」を使用し、診断してから治療を開始します。

歯科用3Dレントゲン(CT)について

歯科用3Dレントゲン(CT)とは、歯科診療用に特化したCT装置のことです。歯科用CTによって、頭頸部の周囲から、位置や方向を変えながらX線を照射して撮影し、取得したデータをコンピュータで計算処理することによって、3次元画像や断層写真を短時間で取得することができます。

ガイド手術

コンピュータで手術の計画を立案し、その計画通りにインプラントを理想的で正確な位置に埋入する手術のことです。歯肉をメスで切らないため、より安全かつ痛みの少ないインプラント治療が可能になります。
また、手術時間が短くなるため患者さまの身体的な負担は軽減されます。

安全で的確なインプラント治療を実現

インプラント治療では、顎の骨に穴を開ける手術を行うため、埋入部位の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)や神経・血管の走行位置などを術前に知っておく必要があります。とは言え、これらは歯茎の奥深くにあるため、直接肉眼で見ることはできません。
しかし、歯科用CTを用いてインプラント埋入手術前にこれらの情報を把握すれば、綿密な治療計画を立てることができるため、より安全で的確な治療が行えます。さらには、手術時間の短縮や術後の痛み・腫れの軽減ももたらされます。

歯が無いままにしておくリスク

歯が1本でも減れば、残っている歯の負担が増えて、悪くなりやすくなります。
また、歯を失ってそのままにしておくと、両隣の歯がそれぞれ歯の無い方向に傾き、歯列全体に狂いが生じてきます。また、長期にわたって歯の無い状態を放置すると隣の歯、さらにその隣の歯といった具合に、次々と歯を失ってしまうケースも少なくありません。
1本の歯を失うことは、単にその歯が部分的に無くなるだけでは済まず、噛み合わせや顎の動きはもちろん、顔の表情まで変えてしまうことにつながり、お口にとっての大きなマイナス要因になるのです。

1本の歯を失うことの主な影響

両隣の歯が動いて、噛み合わせが悪くなる

失った歯の両隣が、次第に歯の無い方向に傾いてきます。長い期間にわたって放置しておくと、さらにその隣、そのまた隣といった具合に、歯列全体に狂いが生じてきます。すると、しっかりと噛むことが困難になってきます。結果として、胃腸をはじめ、体全体に負担が掛かってしまうのです。また、食事の度にストレスを感じるようになり、食べる楽しみも半減します。

噛み合わせのバランスが崩れてくる

失った本数が多い場合には、歯の無い側ではうまく噛めなくなるので、もう片側の歯でばかり噛むようになります(片噛み)。すると、噛み合わせのバランスが崩れてきます。こうした噛み合わせのアンバランスは、顎関節症の原因になり、肩こり、顎関節の痛み、関節音といった症状をもたらすこともあります。歯というものは、全体が微妙なバランスを取りながら成り立っていますので、たとえ1本の欠損も放置しないでほしいものです。

見た目にも影響を与える

歯は、顔の印象を大きく左右します。歯がなくなってしまうと、口を開けた時にとても目立ち、見る人に良い印象を与えません。また、歯を失って長い期間にわたりそれを放置すると、抜けた歯の周囲の骨は痩せ、歯肉も小さくなり、歯茎の位置も下がってきます。やがては、顔の輪郭にまで影響が現れてきます。

聞き取りにくい発音になる

歯は、正しい発音を助ける役割も担っています。そのため、1本でも歯が抜けてしまうと、発音にも悪い影響が出てきます。空気がもれたような発音になってしまい、聞き取りづらくなってしまうのです。これは、日々のコミュニケーションにおいて大きなマイナスに繋がり、社会生活にさえ影響が及びかねません。

インプラントのメリット&デメリット

メリット

  • 「取り外し」の必要が無い
  • 本物の歯のように噛める
  • 本物の歯のような見た目を再現できる
  • ブリッジのように歯を削らずに済む
  • 顎の骨が痩せにくい
  • 発音や発声への影響が極めて少ない

デメリット

  • 保険がきかないため、費用は割高になる
  • 外科処置が必要
  • 全身疾患がある場合など、この治療ができないケースがある
  • 治療に時間がかかる(3ヶ月以上)

インプラント治療の大まかな流れ

STEP1 歯や顎骨の状態に関する検査

専用の検査器具や歯科用CTなどにより、歯や顎骨の状態を詳細に調べます。

三角矢印

STEP2 お口の状態のご説明・治療計画のご案内

歯や顎骨など、口腔内がどんな状態なのかをご説明し、インプラント治療の計画の流れについてご案内します。十分にご理解・ご納得いただいてから、治療を開始します。

三角矢印

STEP3 インプラント体の埋め込み手術

局所麻酔を行い、インプラント体を顎骨に埋め込みます。
インプラントと顎骨の結合には、通常3~6ヶ月くらいを要します(インプラント体の種類、骨の健康状態、体調などによって要する期間は異なってきます)。

三角矢印

STEP4 上部構造(人工歯)を装着

顎骨と結合したことを確認したインプラント体に、アバットメント(人工歯とインプラントを連結させる支台)を取り付け、そこに人工歯を装着します。

三角矢印

STEP5 メンテナンス

インプラントを長持ちさせるために、自分の天然歯と同様によくお手入れしましょう。
また、歯科医院での検診やクリーニングを定期的にお受けください。