外観

根幹治療

根幹治療

根幹治療とは

虫歯

リーマーやファイルと呼ばれる器具を用いて細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気(根尖病変)を治療・予防することを根幹治療と言います。 虫歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。

リーマー:刃の部分が緩やかならせん状をしており、ねじる操作によって根管を拡大・清掃する機器です。
ファイル:リーマーよりもねじれが強いらせん状をした刃によって、根管を拡大・清掃する機器です。

根管治療の流れ

STEP1 治療の前準備

歯や詰め物などを切削し、歯の神経または根管(神経や血管の入っている細いトンネル)を露出させます。神経がある場合には、大まかに取り除きます。過去に根管治療をし、神経を取り除いていた場合は、根管内に詰めてある薬剤をできるだけ除去しておきます。

三角矢印

STEP2 清掃

歯の根の中は、たくさんの細菌の棲みかになっています。このままでは歯の全体が腐ってしまいますので、リーマーやファイルを使って、感染している歯質や残っている神経を取り除きます。膿が溜まっている場合は、膿が出なくなるまで何回も清掃を行います。

三角矢印

STEP3 根管内を殺菌

薬品を使って根管内を洗浄・殺菌します。

三角矢印

STEP4 根管充填

根管治療後に、痛みや炎症などの症状が落ち着いたことを確認したら、根管内への細菌の侵入を防ぐために、専用の薬剤で根管をすき間無く埋める「根管充填」を行います。

三角矢印

STEP5 被せものの装着

根管の中に詰めものをして、土台になる「柱」を立てます。
最後に型を取って被せものを作り、柱に装着すれば、しっかり咬める歯に復元します。